トワイライトの怠惰な図書室

ここは、トワイライトが書きつづった小説をメインに載せていくblogです。無断転用やお持ち帰り等は全て厳禁です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。秋の空の下、彼女は想いを再確認する。
スポンサーサイト
2008.03.27 22:17 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。幸せなプレゼントと、彼の本心。
2008.03.27 22:14 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。二人だけの時間こそ、最も大切なもの。
2008.03.27 22:10 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スターオーシャン3フェイマリ小説。彼女の望んだ小さな箱庭こそ、全てを捨ててでも望んだ願望だったのだろうか…
2008.03.27 22:01 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。彼女の望む世界は、もはや現世には無い。
2008.03.27 21:59 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。血のつながり故に、結ばれる事が出来ない二人。
2008.03.27 21:56 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する人を現世に呼びもとすためならば、彼は信頼する仲間さえも手にかけた。
2008.03.15 21:29 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する人を自らの手で殺めた彼女は、正気を失い、狂気への境界線を越えてしまった。
2008.03.15 21:12 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。人を愛するが故に、彼は死に急いでいたのか…
2008.03.15 21:06 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。「永久」に別れる事を拒絶した少女。
2008.03.15 21:03 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。許されざる力は、その力を持つ者の存在すら許さないのか…
2008.03.11 22:20 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。彼の居ない世界など、彼女にとっては何の価値もない。
2008.03.11 22:12 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する者を失ったとき、彼女が選んだのは、共にある事だけだった。
2008.03.11 22:03 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。同じ禁忌の力を持ちながらも、片方は安穏な生活を送っていた事に、愛情と憎しみを覚えたもう片方。
2008.03.05 06:35 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。