トワイライトの怠惰な図書室

ここは、トワイライトが書きつづった小説をメインに載せていくblogです。無断転用やお持ち帰り等は全て厳禁です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。

パレスまで後一歩の所で、目の前に立ちはだかる狼の群れを、叡智で振り払うアリティアの軍師。
スポンサーサイト
2011.08.19 06:58 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS

グラの終焉と、新しき始まり。
2011.03.02 21:55 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナ小説。

望まぬ戦いを強いられるものと、それを強要する者。
2011.01.10 17:35 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。

光をくれたその人は、闇である私を求めてくれた。
2011.01.04 11:08 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。

全てを見通す遠大な知謀と、全てを退ける絶大な魔法力。
2010.12.31 11:04 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。

後の歴史書から名を消した影の英雄と、その英雄に付き従った影の賢者。
2010.12.31 08:41 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。

再び彼と共に居る事が出来る。それは闇を抜け出し、光の中に居る事の出来る喜び。
2010.12.29 15:56 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。
光に救いを求めた闇は、その光によって救われた。
2010.12.19 08:41 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム マイユニ×カタリナSS。
彼女が最後に求めたものは、もう一度光に会うことだった。
2010.11.22 21:34 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ファイアーエムブレム新・紋章の謎 マイユニ×カタリナ小説。
影の英雄に寄り添う、影の賢者。その出会いと一度目の別離。

マイユニットの名前は「ウェルナー・♂」
クラスは 傭兵→勇者です。
2010.11.03 19:10 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スターオーシャン3 フェイマリ小説。
銀河最高の知恵者の前に、あらゆる策謀は無意味。
2010.11.03 18:48 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ファイヤーエムブレム聖魔の光石 カイル×ルーテ小説。ようやく倒した皇帝は、すでにこの世の者ではなかった事実。
2009.10.12 09:41 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する事と疑う事、天秤に載せて…
2009.10.12 09:34 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スターオーシャン3フェイマリ小説。
真夏の暑さも、実在している証。
2009.10.12 09:23 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スターオーシャン3フェイファリ小説。BMW様へ投稿した分です。
2008.10.05 10:28 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイファリ小説。バイエルンブルグ様に投稿させて頂いた作品です。
2008.04.04 06:26 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。秋の空の下、彼女は想いを再確認する。
2008.03.27 22:17 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。幸せなプレゼントと、彼の本心。
2008.03.27 22:14 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。二人だけの時間こそ、最も大切なもの。
2008.03.27 22:10 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スターオーシャン3フェイマリ小説。彼女の望んだ小さな箱庭こそ、全てを捨ててでも望んだ願望だったのだろうか…
2008.03.27 22:01 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。彼女の望む世界は、もはや現世には無い。
2008.03.27 21:59 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。血のつながり故に、結ばれる事が出来ない二人。
2008.03.27 21:56 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する人を現世に呼びもとすためならば、彼は信頼する仲間さえも手にかけた。
2008.03.15 21:29 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する人を自らの手で殺めた彼女は、正気を失い、狂気への境界線を越えてしまった。
2008.03.15 21:12 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。人を愛するが故に、彼は死に急いでいたのか…
2008.03.15 21:06 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。「永久」に別れる事を拒絶した少女。
2008.03.15 21:03 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。許されざる力は、その力を持つ者の存在すら許さないのか…
2008.03.11 22:20 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。彼の居ない世界など、彼女にとっては何の価値もない。
2008.03.11 22:12 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。愛する者を失ったとき、彼女が選んだのは、共にある事だけだった。
2008.03.11 22:03 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 スターオーシャン3フェイマリ小説。同じ禁忌の力を持ちながらも、片方は安穏な生活を送っていた事に、愛情と憎しみを覚えたもう片方。
2008.03.05 06:35 | 二次小説 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。